後継者塾開講にあたって  -現社長、並びに後継者の皆様へ-

 丁度日本の経営者の平均年齢が約60歳になり、これからの10年間は経営承継ラッシュの時代と言われています。 「経営承継」を上手にできないところは、経営の根幹である「存続と発展」をも危うくすることになります。まずは経営者、後継者の 皆さんはこの点に関し、共通の危機感を持って望むことが最重要課題です。

 戦後、高度経済成長期に創業した経営者の第一回目の「経営承継ラッシュ」は約20年前に起こりました。 その頃は、日本経済も成長著しい右肩上がりの時でした。正直言いまして、誰が引き継いでも、苦労少なく「経営承継」ができた 古き良き時代でした。(バブルの頃でした。)

 現在の経済はと言いますと、平成3年頃のバブル崩壊後、日本経済は、下降線をたどり続け、もはや私としては失われた 20年とさえ感じています。今後、急激に景気が良くなることは、予測しがたく、この厳しい経済の下降線の中での経営が 余儀なくされます。(現在7割の法人が赤字です)

 従いまして、前回と同じような「経営承継」では、企業の存続も危ぶまれます。しっかりと経営について勉強した後継者しか 引き継げないといっても過言ではありません。この厳しい経営環境下、勉強しない経営者は生き残れないのです。 倒産、廃業に追い込まれている経営者の多くが「決算書」も読めず、「ドンブリ勘定」だったことを考えれば明白です。

 特に、最近、「次期社長は決まっているが、経営についてどのように勉強したらわからない。銀行交渉の仕方もわからない。 どこか教えてくれるところはないだろうか」の嘆きが聞かれるようになりました。私は会計事務所の役割として、企業の存続、 発展のために「後継者塾」を開催する使命があるのではと、考えるようになりました。そして、悩んでおられる後継者や経営者の 皆様のお役に立ちたい一心で今回の「後継者塾」を企画しました。はっきり言いまして、採算度外視の充実した内容になっていますので、 本気で経営に取組もうとしておられる「経営者」及び「後継者」の方に参加してもらえればと思っています。 一年間の長丁場ですので、開催する方も受講する方も「本気」で取組まなければ続きません。

 幸い、当事務所には「経営計画の作成」「各種セミナーの開催」「相続税シミュレーション」におきまして長年にわたる 多くの誇れる実績があります。従いまして財務面からの支援には自信を持ってのぞむことができます。

 勿論、経営は財務面だけでは不十分です。会社を取り巻くリスク、労務問題、法律問題、金融関係、資金運用、企業再生問題など 広く知っておく必要があります。当事務所には幅広いネットワークと人脈があります。すでに一流の専門家に講師を担当していただくことで 内諾を頂いております。今回の「後継者塾」でただ知識を得るだけでなく、経営に必須の「人脈」も作っていただくことができます。

 いかに素晴らしい社長であっても、人間である以上、寿命があります。またいかに素晴らしい事業であっても、永遠に成長し続ける事業はありません。 人も事業も、やがて成熟し、衰退していきます。従って手をこまねいて何もしないでいれば創業社長の加齢とともに企業にも寿命がきてしまうのです。

 しかし、企業は生身の人間と異なり、時代の流れに上手に乗ることで永遠に近い命を吹き込むことも夢ではありません。実際に100年、200年さらに 1000年以上存続し続けている企業があります。しかし、多くの企業は、かつて話題になった「企業の寿命30年説」に従い、 消えていっています。はっきりした統計は出ていませんが、創業100年以上の企業は約5万社から15万社あると言われています。 これは日本の法人数からみると1~2%の承継率です。創業200年以上となるとわずか3100社で0.1%の承継率になります。 いかに企業が存続し続けていくことが難しいのか理解できます。

 老舗企業・・・その秘訣は・・・いずれも上手な経営承継にありました。さらに「経営理念」という先代からの「思い」を後継者がしっかりと 引き継いでいることにありました。老舗企業の秘訣をしっかり学びながら、今回の経営者塾は、100年以上の老舗企業に残れる後継者の育成を目的とします。

2010年 1月吉日 千葉経営企画株式会社  代表取締役  千葉 和彦