千葉和彦税理士事務所 宮城県塩釜市玉川1-2-40
住宅取得等(マイホーム)資金の贈与税の非課税措置について
⇒トピックス一覧へ
平成24年末までの贈与なら最大1,610万円まで非課税
 親や祖父母が、子供や孫のために、結婚やマイカー購入などの資金を援助(贈与)すると、資金をもらった子供や孫には、贈与税がかかります。(贈与税の基礎控除額110万までは非課税)

 ところが、マイホーム資金を援助する場合には、一定の要件を満たせば、一定額までの贈与税が非課税になる特例があります(マイホーム資金の贈与の特例)。(図表1)

 今回の改正で、従来の一般住宅を対象とする特例のほか、省エネ・耐震住宅※1を取得した場合の特例が創設され1,500万円の非課税枠が設けられました。(図表2)

 この特例措置は、平成26年末までですが、非課税限度額は毎年、逓減していきます。(図表3)

 なお、この制度を適用するには贈与税の申告が必要です(贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15までに申告する)。

※1生活用エネルギー使用量が削減できる。または耐震性能が高いと認められる住宅として指定確認検査機構などが証明を行った住宅をいいます。
<参考>国税庁HP 「住宅取得等資金の贈与税の非課税」のあらまし
事務所通信平成24年8月号より
Copyright Chiba Keieikikaku (c), All rights reserved.