千葉和彦税理士事務所 宮城県塩釜市玉川1-2-40
"でんさい(電子記録債権)"がスタート!!!
⇒トピックス一覧へ
 従来の手形や振込に代わる新たな決済手段としてでんさいネット*による"でんさい"(電子記録債権)がスタートしました。
 でんさいは、手形と同様の機能を持つ電子記録債権です。しかし、手形などを単に電子化したものではなく、手形や売掛債権等の弱点を改善したことで、中小企業等の資金調達の円滑化を図る新たな決済手段として期待されています。

でんさいの活用でこんなに便利に!


【支払企業の場合】

・手形発行、振込準備などの面倒な事務負担が軽減されます。
・収入印紙、書留搬送代などが不要になりコスト削減できます。
・支払手段の一本化 手形、振込、一括決済など複数の支払方法をでんさいに集約でき、効率化が図れます。


【納入企業の場合】

・ペーパーレスで紛失や盗難の心配がなくなります。無駄な管理コストも削減できます。
・手形は分割ができませんが、でんさいは、入金前でも必要な分だけ分割して譲渡したり割引したりできます。
・取立が不要です。支払期日になると取引銀行の口座に自動的に入金されるので、面倒な取引手続は不要です。さらに、でんさいは入金日当日から資金として利用できます。


*でんさいネットとは?
「でんさいネット」とは、㈱全銀電子債権ネットワークの通称です。電子記録債権を記録・管理する会社で、電子記録債権の登記所のような存在です。この「でんさいネット」により記 録された電子記録債権をでんさいといいます。「でんさいネット」は全国の金融機関が参加しています。
詳しくは、取引金融機関に相談してみましょう。

http://www.densai.net/

 
 
 
 
 
Copyright Chiba Keieikikaku (c), All rights reserved.